« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

楊貴妃ホタル到着①

ついにめだかの館より楊貴妃ホタルメダカが到着しました。お値段は…正直、私にはかなりの高額でした。

発送用の発泡スチロールです。『めだかです』の文字。うーん、配達の人にまるわかりですね。

Img_0011jpg20070331

じゃーん!楊貴妃ホタルです。なにやら黄色の液体で中身が見えないですね。どうやら配達中のメダカの傷を防ぐ為の薬みたいです。うーん、細かな気配りですね。

Img_0001jpg20070331

他にはおまけとして餌が大・中・小です。そろそろ今年用のを準備しようと思っていたのでラッキーでした。

Img_0005jpg20070331後はカレンダーです。非常に見ていてワクワクして購入意欲が倍増しそうな内容のカレンダーでした。

ん?右にあるのは何でしょうか?続きは次回にさせていただきます。

写真をクリックすると全体写真が見れます。

Img_0006jpg20070331   

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年3月30日 (金)

春が来た

今日はついに野生メダカが産卵しました。野生種が産卵を始めると春が来たような気がします。一応、卵だけ別の容器にいれましたが野生種は屋内には入れないと自分の中の決まりを持っているので、はたして今の時期の産卵でいつ稚魚が誕生するんでしょうか?楽しみです。

Img_115420jpg20070330

Img_1156jpg20070330

ちなみに白半ダルマも産卵をはじめました。

Img_1150jpg20070330

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007年3月29日 (木)

みじんこ採取

今日はメダカの餌となるミジンコを採りに行きました。掬う網がなかったので100円ショップでこんな物をかいました。

Img_1143jpg20070329

茶漉しフィルターやアク取りしゃもじなどもありましたがこの湯船のゴミを掬うネットが一番目がこまかいように思い購入しました。

Img_1145jpg20070329

このゴムとプラスチック玉は掬ったゴミ(ミジンコ)をパチンっと弾くようになっているみたいです。で、早速、近くのため池に掬いにいきました。

Img_1139jpg20070329

写真ではわからないのですが色んな種類のミジンコがとれました。今日はまだミジンコ用の水槽を用意していなかったのですべてメダカ水槽に投入しました。食べっぷりはばつぐんでした。ミジンコ繁殖方法はもえるおっちゃんのブログを参考にしてください。

Img_1027

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年3月28日 (水)

産卵確認

ついに我が家にも屋外での産卵が一匹ですが確認できました。いよいよですね。

2007年初産卵はめだか本舗産の茶ヒカリ半ダルマさんでした。

Img_1130jpg20070328_1

Img_1129jpg20070328

Img_1134jpg20070328

朝の水温10度、夕方は22度になっていました。この水槽には色々な体型、体色のメダカがいたので、いったいどの父親かわかりません。どのような子に育つか楽しみです。しかしそろそろ種類別に水槽を分けないといけませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年3月26日 (月)

注文

久々の更新をさせていただきます。今年はついに『めだかの館』の楊貴妃ホタルを注文しました。今週の週末に届く予定です。今年の夏はこのメダカの繁殖に集中しそうです。他のお店での購入も検討しましたが評判では品質はピカイチとのことで注文しました。値段も他のショップに比べて割り高でした。これも評判通りでした。現在我が家にいます楊貴妃モドキと比べてみたいと思います。
最近はすっかり暖かくなり屋外のメダカも隙を見つけては水面に上がってきて陽を浴びています。早く産卵を見たいですね。

Img_0954jpg20070326

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2007年3月15日 (木)

メダカの本

今日はこの間、注文した本を読んでいました、下記のメダカの本です。この手の本を見てしまうと早く屋外繁殖がしたくてウズウズしてしまいます。写真も綺麗に載っています。まだ、読んだことのない人は是非見てください。癒されますよ!

日本のメダカを飼おう!―育て方とふやし方 Book 日本のメダカを飼おう!―育て方とふやし方

著者:片根 得光,小林 道信
販売元:誠文堂新光社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アクアリウムでメダカを飼おう! Book アクアリウムでメダカを飼おう!

著者:小林 道信
販売元:誠文堂新光社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

みなさんのお奨めのメダカ関連の本ありましたら教えてください。

Img_0959jpg20070315

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2007年3月14日 (水)

ホームセンター

今日は仕事の帰りに近所のホームセンターに寄りました。ペットショップのコーナーのメダカを見てみたら緋メダカが売っていたのですが水槽のほとんどがブチメダカでした。値段も結構安かったのできっとエサ用なんだろうな思いました。少し寂しい気分になりました。後、ホテイ草もひとつ¥120で売ってました。今年は越冬したのがいくつかあるので買わなくて済みそうです。

Img_0656jpg20070314

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年3月13日 (火)

日本産

最近、日中になり水温が上がってくるとメダカは水面に寄ってきますがミナミヌマエビも負けじと側面をよじ登って上の方へ集まってきます。純日本産のメダカにミナミヌマエビは年中屋外で飼育が可能なので一年を通して観察できるのが嬉しいですね。

Img_0047jpg20070313

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007年3月12日 (月)

寒がりや

まだまだ寒い日が続いています。今朝は水温は5度くらい日中は15度くらいでしたが屋外のメダカは徐々にですが動きが活発になってきた固体がいます。生きたボウフラを与えたらすばしっこく追っかけている個体もいますし底のほうでじっとしているのもいます。メダカの中でも寒さに対して敏感、鈍感ってあるんですかね?きっと私がメダカなら、まだ葉っぱの布団の中で高イビキを掻いているでしょうね。

Img_0953jpg20070312

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2007年3月11日 (日)

メダカの餌

今日は屋外の水槽をいくつか水交換をしようかと思いましたが気温が思ったより上がらないので中止としました。最近は水温も日中は結構上がってきますので暇を見つけては餌をやっています。去年はみじんこを養殖しようと思いましたが水の異臭に耐えれなく周囲の視線が気になるので小心者の私は人口餌を主にやっていました。そして、どうしてあんなにみじんこ水槽が臭くなったのがわかりました。私の場合は鶏糞をいれっぱなしでいたからでした。もえるおっちゃんのブログ(3月11日記載)の記事でわかりました。投入した鶏糞はある程度たったら捨てれば良かったんですね。今年はこの方法で挑戦してみようと思います。でも、面倒くさがりやの私はきっと人口餌に走りそうです…

Img_0882jpg20070311

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年3月10日 (土)

グリーンウォーター

グリーンウォーター(略GW)はメダカの稚魚の飼育に良いと聞いたことがあります。我が家にもGWを利用している水槽がいくつかありますが、いまいちよくわからないのが、GWを作るには直射日光に長時間さらすとできると言うのが一般的と思うのですが不思議なのが金魚を飼っていると今の時期でもすぐに水が緑色になってしまいます。これもGWと思ってよいんでしょうか?下の写真は今月の頭に夜店でもらった金魚の飼育水です。わずか10日間でこんな色になっちゃいました。

Img_1008jpg20070310

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2007年3月 9日 (金)

産卵?

今朝屋外の水槽の温度をはかったら7度でした。ふと、ほてい草をみたらメダカの卵が…なんでこんな時期に?多分、この間、屋内の繁殖用のメダカを屋外に出したのが産卵したんだと思います。一応、無精卵でもなさそうでしたので掬いだして屋内の稚魚水槽に入れておきました。無事に生まれると嬉しいですね。

Img_0838jpg20070309

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2007年3月 8日 (木)

警戒心

屋外で飼育しているメダカですが我が家に関しての話ですが緋メダカ、白めだかは警戒心が薄くて青めだかは若干強い気がします。なんでなのかよく解りません。体型でみると半ダルマ、ダルマ系統は人によく慣れるみたいです。一番警戒心が強いのはやはり野生種ですね。たまに全く姿をみせないので「全滅?」って思うこともあります。でも、たまに水面に上がってきて群れていると心が和みますね。

Img_0957jpg20070308

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年3月 7日 (水)

温度差

最近、朝夕はかなり冷え込みます。今朝会社に出社するときに屋外の水槽をみたら薄氷がはっているのがありました。水温3度でした。夕方、水温をみたら15度まで上がってました。かなりの温度差があるみたいです。さすがにこの温度差ではメダカもまいっているみたいです。固体の小さなやせたメダカが2匹★になっていました。春本番までもう少しだと思います。なんとか頑張ってほしですね。

Img_0876jpg20070307

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年3月 6日 (火)

試練

最近は気温の変化が激しいですね。今日はかなり気温が下がりました。室内から屋外に移動したメダカの様子が気になります。まあこのぐらいの試練を乗り越えられないメダカなら我が家には必要ない…なんてね思えたら気も楽なんでしょうが、出来の悪い子ほど気になってしかたないですね。

Img_0965jpg20070306

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年3月 5日 (月)

強風

今日は台風並みの風の強い一日でした。屋外のメダカ水槽の表面も風で激しく波をうってました。体の小さい固体は波のなすがままにあっちえーこっちえーとゆらゆらしてました。少し雨も降ったみたいで水の少なくなっていた水槽もある程度、水かさが増えてました。もう少ししたら今度は黄砂の時期がきそうですね。噂によると黄砂の時期に降る雨はメダカにはあんまり良くないと聞いたことがあります。(本当かどうか詳しくは知りませんが…)透明の板を用意しなければ…ちょっと面倒ですね。

Img_0968jpg20070305

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007年3月 4日 (日)

引越し

無事にお雛さんの片付けも終わりました。日付は変わってしまいましたが…

今日は少し早い気もしますが屋内で飼育していたメダカを屋外へと移しました。残る屋内メダカは冬の間に生まれた稚魚のみとなりました。今日は随分と温度もあがり昼に水温をはかってみたら22度ありました。朝は10度くらいしかなかったので夜と昼間の温度差が随分ありますね。メダカにはきっとかなりの負担となっていると思います。なんとか産卵まで乗切ってほしいです。

Img_0951jpg20070304

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年3月 3日 (土)

お雛さま

いつもコメントを下さる方、ほんまにありがとうございます。今年は地元の役員になっておりまして今から近所の寄合いと帰ってきてからお雛さんの方付けをしますのでコメントの返答ができないと思います。お雛さんは早く片つけないと『嫁にいきおくれる』との話が気になりますので毎年3日の夜に片付けるようにしています。でも、我が家は2人とも女の子なのでひとりは家に残ってほしいんですが少子化の世の中…なかなか難しいそうですね。

Img_0818jpg20070303

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007年3月 2日 (金)

夜店の金魚

昨日の夜店でもらった金魚です。私が子供の頃は夜店の金魚掬いと言えば『えさ金』が多かったのですが最近は出目金やらんちゅうなんかもいました。金魚のことはよくわからないんですが昔に比べて単価が下がっているんですかね?

黒・茶色系の出目金です。名前の通りかなり目が出てますね。

Img_0923jpg20070302

Img_0913jpg20070302

赤系の金魚です。出目金ではありませんでした。なんて言うんですかね?金魚も色々と飼ってみたい気はありますがこれ以上水槽が増えると家族から苦情がきそうなのでこの辺にしときます。

Img_0901jpg20070302

Img_0912jpg20070302   

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007年3月 1日 (木)

夜店

今日は地元の祭りがありました。子供達と夜店に行ってきました。最近は色々な屋台がありますね。私の子供の頃はクレープやスーパーボール掬いなんてありませんでした。よくやったのは金魚掬いでしたね。しかし最近は金魚掬いの屋台がかなり減ったと思います。金魚には良い事かもしてませんが昔とは変わりつつある様子が私には少し寂しい気がします。小一の娘が金魚掬いをしましたが残念ながら一匹も掬えませんでした。でも、オマケとして出目金を5匹いただきました。夜店の金魚は弱いと聞きますのでこの一週間で何匹残ってくれるのか気になります。

Img_0224jpg20070301

随分やせた金魚…ではないです。

金魚の写真を撮ろうかと思いましたがデジカメの電池がありませんでした。後日アップさせていただきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »