« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月29日 (土)

報告と悩み

まずは報告から。

ほうれん草の種を蒔いてから一週間ほどで芽がでてきました。春菊より2~3日遅い感じです。春菊とはよく観察してみると随分、芽の形が違うんですね。もう少し大きくなったら間引きをしたいと思います。

Img_0569jpg20070929

続きましてイチジクです一つは鳥にやられました(涙)。まだ収穫には少し早い気がしましたが心配で収穫しました。例年はもう少し木自体を大きくしたいです。

Img_0565jpg20070929

今回初紹介のパイナップルです。今年の夏に頂いたのを家族で食した後に残った『頭』の部分をあらって土に植えておいたら根がついた模様です。もう少し寒くなったら屋内に入れたいと思っています。

Img_0567jpg20070929

一応サイズを…

Img_0568jpg20070929

土上から22cmですね。植えはじめに比べると随分大きくなってきた気がします。ちなみにここから次に食べられるまでにせいちょうするのは4~5年みたいです。そう考えるとパイナップルって凄く手間ひまが掛かる果物なんですね。

Img_0433jpg20070929

えー、ここいらで悩み事をひとつ、冬にそなえて屋外と屋内にわけようと考えています。例年通り稚魚と体格の小さいのを屋内と考えているのですが体格の小さな緋メダカと楊貴妃を同じ水槽に入れて来年の春に屋外に出すときに区別できるかが不安です。2つに分けれれば問題ないのですがスペース的にキビシイです。うーん、ここは『価格重視』で緋メダカ君にが屋外で頑張ってもらおうかなあ。楊貴妃と緋メダカの確かな見分け方ってあるんですかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年9月27日 (木)

生命力

この間の土曜日に種を蒔いた春菊が早くも芽がでてきました。まだ一週間もたっていないのに早いんですね。土に蒔いて水をかけただけなのに…。あたりまえですが不思議ですね。強い生命力を感じています。

Img_0539jpg20070927

生命力と言えばメダカもすごいですね。氷の張る低水温から今年のような異常な高水温(我が家では40度を記録)でも生き延びてくれています。しかも最近になって更に産卵を始めています。すごいを通り越しておそろしい生命力を感じますわ。

Img_0227jpg20070927

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007年9月26日 (水)

セルフィン?

今年生まれたメダカで春先に生まれたものはすっかり大人になって気の早いメダカは産卵もしちゃっています。そんな中でこの春に『めだかの館』からやってきた東天紅ホタルから生まれた子も何匹か立派に成長してくれました。飼育はすべて屋外でしているのでいつも上から様子を見ているのですが、たまに撮影をするときだけケースに入れ横から観察します。選択するメダカはほとんど適当ですので中には一度も横からの姿を見ないまま終わっていくメダカが多いです。そんな中、偶然に掬ったメダカを見て「ん?」と思い撮影しました。セルフィンファンの方にはすいませんが私は屋外飼育がほとんどで上からの観賞が多いので、いまいちセルフィンの有難味がわからないので私はあまり興味を持っていません。ですからセルフィンの親メダカを購入したこともないです。勿論、実物を見たことも無く今まで他のメダカ愛好者のブログや販売店のHP等でしか見たことがありませんでした。で、今回偶然掬ったメダカがこれです。

Img_0544jpg20070926

Img_0545jpg20070926  どうでしょうか?これってセルフィンですかね?他の愛好者方の写真を見るともっと立派に立っているのですが我が家のはかなり貧弱ですね。『セルフィン』と言うより『チョンマゲ』って感じですね。『チョンマゲメダカ』…売れそうに無い名前ですね。

ひょっとして他の水槽にもいるんかもしれませんね。あれ?ちょっとセルフィンに興味が出てきそうです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2007年9月25日 (火)

秋野菜に挑戦

朝夕は涼しくなりましたが日中は暑いですね。温度差でのメダカの体調が心配ですわ。
さて、この間の土曜日(9月22日)に空いたプランター2つに2種類の種を蒔きました。

Img_0532jpg20070925

Img_0533jpg20070925

『春菊』と『ほうれん草』です。子供の頃は春菊の香りが大嫌いで鍋などの入っていると他の鶏肉や椎茸にへばり付いてきて嫌でしたわ。が、月日とは恐ろしいもので年齢を重ねるにつれて好きになってきまして今では鍋には欠かせない材料となっています。

秋野菜も今回初めての事ですので無事に収穫できるか不安はありますが気楽にやってみたいと思っています。ひとつ心配なのは今から栽培始めて鍋時期に間に合うのかいな?

Img_1263jpg20070925

屋外のメダカの越冬準備もしたいのですがなかなか行動に移せずに頭の中で「あーしようこーしようと」想像ばっかりしています。確か去年もこんな感じで結局たいした対策もできないで越冬に入っていった気がしますわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年9月23日 (日)

水草

屋外で飼育している水槽のほとんどに水草を入れています。一番増えるのは布袋草とアナカリス、マツモですね。夏の間に猛繁殖して何度か処分することとなっています。屋内ではあんまり増えないウイローモスもかなり増えてくれています。

Img_1278jpg20070923
一方、植え込む水草としてはグロッソ、ヘアーグラスが順調に増えてくれています。

Img_0478jpg20070923

Img_0482jpg20070923

布袋草は冬場の見た目があんまり好きでないのでほとんど処分しています。その他のアナカリス、マツモ、モス、グロッソ、ヘアーグラスは屋外でも越冬してくれるので面倒がりやの私にはピッタリの水草です。どなたかおススメの水草がありましたら教えてくださいませ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007年9月22日 (土)

お客さん

相変わらず暑い日々が続いていますね。今日は少しだけ飼育水の交換をしました。稚魚の水槽にはたっぷりのヤゴがいました。とても、取りきてそうになかったのでスルーしました。普段は円柱形のプランターに水を汲み置きしているのですがふと見るとお客さんが水泳をしていました。

Img_0476jpg20070922

私の住んでいる地域では子供の頃から『タイコウチ』と呼んでいます。正式名は…

えー、知りませんので親切な人は調べてみてください。確かしっぽの針のようなもので呼吸をして小魚を捕食するような気がしました。水替えに夢中になっていたので気が付かなかったのですが水を入れ替え終わって汲み置き水槽をみたらタイコウチ君がどこにもいませんでした…ひょっとしてどこかの水槽に入ってしまっているかもしれません…まあ、もしも水槽にいたらその内に浮いてくると思いますが…

Img_0486jpg20070922

プランターで栽培しているイチジクが赤くなってきました。実は二つしかないので鳥に狙われていないか日々気になっています。

あれっ!?今日はメダカの写真がありませんでした。失礼しました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2007年9月18日 (火)

感謝

今年から挑戦し始めたプランター菜園のミニトマトとバジルを片付けました。初心者ながら両方ともたっぷりと収穫でき家庭菜園の楽しさと美味しさを感じさせていただきました。是非、来年も栽培したいと思います。

Img_0350jpg20070918

最近、朝夕は多少涼しくなったからでしょうかチラホラと産卵を復活したメダカがいます。本当は9月に入ったら卵の採取はしないでおこうと思っていましたがウズウズしてしまって結局は採取しています。とりあえず寒くなるまでは屋外で、冷え込んできたら屋内に入れようと思います。

Img_1225jpg20070918

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年9月16日 (日)

水深について

いやー恐ろしい位に久しぶりの更新です。既に私のブログの存在を忘れてしまってる人も多々いるんでしょうね。
今日は『メダカ飼育の水深』ですが我が家では結構水深がある容器で飼っているのですが以前からどうも成長が遅く感じていました。で、ブログ仲間の記事を読んでいるとそれらしいことが書かれていました。やはりメダカの成長にとって水深は浅い方が良いんでしょうか?なんでなのかな?本を読んでみたら「自然のメダカは浅瀬に住んでいるから…」、うーん、いまいち納得ができませんわ。確かに浅瀬にいるけどもそれは大きな魚から逃れる為ではないんかな?これから越冬の時期に入っていくんですがそれでも浅い容器がいいのかな?なんか『氷漬け』になりそうで心配ですわ。それとも冬の間は水深の深い容器がいいんでしょうか?誰か詳しい人、このブログに目が止まったら教えてくださいませ。

Img_1673jpg20070916

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »